さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年10月13日

サーモンフィッシング4日目と5日目

3日目、サケは目の前でモジってるし跳ねてるが


















オツカレチャーン


\(^o^)/


スレているというより、まもなく産卵のためもう口を開くのを

忘れてしまったかのようだ。

時間いっぱいまで粘ったが明日の気力まで使い果たしたかのように

疲れただけだった。明日の釣行は止めにしようか?

そう思いながら車に戻るとお隣の方はスカリに一匹のサケ。

おめでとうと挨拶しどこで釣れたか聞くとやはり河口付近だったよう。

一番の激戦区で入るのは容易ではないと話すと彼は

いつも早朝より駆け付けてる一団が諦めて帰る頃を見計らって

いつもそこに入るのだという。


今から帰って寝て早朝に出てくるのは疲れもあり困難。


明日釣りをするならば、彼と同じ作戦に出るしかないと決めた。



5日目、朝8時頃に起床、今まで食わず嫌いで手を出さなかった

サケルアーの仕掛けは昨日の帰り道にホーマックで買って帰ったが

手持のルアーは今思うとあまり釣れそうでない。

そこでまず9時半より営業の釣具センターに寄りダイワの

サーモンロケットのブルピンを購入、一応予備のウキも買って浜益へ。


11時頃に付いてみると驚く頃に川には人が居ない!?

今日はもしかして平日?と間違えるほど全体的に参加者が居ないのだ。


当然、浜益橋までの河口付近にも入釣者は居らず、難なく良場に

入ることができた。


始めて2時間ほど、やはり昨日と同じようにサケは目の前に

たくさんいるのだが、ルアーを流すと背なかを掠めているような

感触がロッドに伝わってくる。そこまで食い気がないのか?

今まさに入ってきたフレッシュな魚は居ないのか!?

思いながら気力が尽き始めたころ、隣にどっかりとクーラーに

座り込みウキ釣りを始めるジイサンが現れる。

ずっと自分よりよい場所で釣っていたがこちらでモジっているので

来てみたようだ。ウキは当然目の前を通りルアーを投げることを許さない。

どうしたもんかと考えたが腹も空いたし休憩にしようと

道具をその場に放り投げ、ジイサンに魚が溜まっていそうな場所を伝え、

川の向の商店にジュースを買いに行くことにした。


橋を渡り川を覗くと大量のサケが表層を泳いでいる!

思っていたよりずっと浅いところを回遊している。

自分のタックルでは全くタナが合っていない。

勝手に想像すると魚は自分より下はよく見えてないのではないか?

下より上側に視線は向かっているのではないか?そう考えて

休憩後はウキの位置を下げてずっとタナを浅くして

キャスト、キャスト、キャスト・・・・・








待望のサケゲット!

\(^o^)/


61センチのオスだけどギンピカ!

良い魚体のサケで満足の一本!!

やりました!期間中になんとか釣り上げることができて感無量!


その後もまだ時間があるので釣りを続けましたが、

先ほど目の前にいたサケの群れは上流に異動したのか

姿がすっかり消えてしまい、またしても沈黙の時間がやってきた。

サケが居なくなるとエサ取りのウグイも居なくなるのか

エサも無くならなくて経済的(´・ω・`)

この良場からも次々と人が立ち去っていき、今ルールに従えば

やり放題なことに気づくのは遅すぎで、少しづつ上流にむけてランガン!

魚群をようやく見つけたころには時間切れだった。

当たりはあったが針掛かりせずに終了。

今年の浜益川釣行もサケ一本という結果となりました。


釣れた結果が伴ったからだけど、準備期間を含め充実した

時間が楽しめました。また来年・・・・も行くんだろうな。  


Posted by cooly85 at 20:44Comments(1)趣味

2017年10月06日

10月1日の釣り

あまりに釣れない鮭の釣りの間中、恋い焦がれた夕張川のニジマス(笑)

ウチからだとわりと近くでトラウトが狙えるし、千歳川と違って

まだそんなにスレてない。


ま、これだけ人が入っていれば千歳川のようになるのも

時間の問題のような気がするが。

もう少しの間は楽しませてくれるだろう。








尺越えともなるとなかなかスリリングな刻を楽しめる。


昼は友達とBBQの予定だったので午前限定の釣りであったが

撮影中に逃げられたのも含めてまあまあ良い魚が釣れました。

先日バラしたようなモンスタークラスには会えなかったが

次回の楽しみが残ったということで。



そろそろ川はアメマスの季節に移行しそうだけどね(笑)





山は少しづつ色づいてきましたね。

秋は紅葉散る小渓流も気持ちいいよね。  


Posted by cooly85 at 22:29Comments(0)趣味

2017年10月03日

サーモンフィッシング2回目3回目




わりと下流の方まで人が立ち込んでいます。

この人の林を抜けてきた魚が釣れるような気がしません。

去年見た鮭の大きな遡上も見かけることもなく、

魚さえいればイージーな釣りと思っていたのだけど

居ないんだから釣れません。


毎回、大漁を夢見てやってくるのに。

今シーズンは5匹は釣ろうと思っていたのに遊漁料全くの赤字だよ。

毎朝、朝市で鮭買って帰った方がマシだったわ。


と言うことで、最後の釣行は今までの魚とのゲームという

ポリシーを捨て、漁をしたいと思ってます。


獲りにいくぞ!  


Posted by cooly85 at 19:37Comments(2)趣味

2017年09月19日

恒例の秋キャンプ!

今年も旭川のずいずいさんとかなやま湖でキャンプ!!

のはずだったのだけど、雨否、台風でテン泊は無理と判断、

なんとか天気が持ちそうな日曜日の夜に楽しんでバンガローに泊まろうと

かなやま湖は予約で一杯だったので白金野営場でのケビン泊!




焚き火を楽しむべく、薪割りから始めたボクを横目に

ずいずいさんはホルモンで一杯先に始めちゃいましたよ。


まだ昼の3時っすよ。





さて、こちらは夕張で釣ってきたニジマスの塩焼きを頂きます。

満足、満足。







何故、人や泊まる建物の画像が無いのだろう?


夜は朝早かったこともあり、やっぱり寝落ち。

そろそろ撤収するぞと起こされました。

短い間だったけど濃密な時間だったと信じたい(笑)


台風のおかげか、夜もそれほど寒い思いもすることなく起床。

否、あまりの轟音で現実逃避(笑)

荷物を車に運ぼうとしたら大きな枝が飛んできた。

ヘルメット必要だったわ。



次回があるのかわかりませんが、次こそ天気に惑わされない

キャンプがしたいっすね。  


Posted by cooly85 at 22:17Comments(2)趣味

2017年09月18日

夕張川本流で初ニジ

夕張川と言えば上流のとこかで工事してるのかわからないけど

いつも泥水が流れてる印象で、シューパロ湖でかつて毎年

ニジマスを放流していたりして、支流ではニジマスが釣れるのだけど

本流は濁りがキツくルアーではちょっと釣りが成立しない感じなのですが

このところ車の窓から眺めてみると、川底が見える程度に

濁りが解消されています。いつもコンディション悪く

狙っている釣り人も居なかったろうからもしや今がチャンスかと

思い行ってみました。


実は動画サイトなどで餌釣りで釣れると発信されてるところがあり

わりとよく車が駐車されているところがあり、

そこを目指していたのですが、前日夜遅くまで起きていたせいで

朝起きるのが億劫で出発が遅れたこともあり先約があり

仕方なくそこより僅か下流に移動、入渓点の橋はたくさんの

人が降りたと思われる道があり、ちょっと驚き。

この道は最近できたものじゃないなぁ。

そんなこともあり、入渓点では魚信はさっぱり。

ま、それはどこも同じことだけど、やっぱり期待外れ。

そして、パッと見遡行出来そうもなかったので、どうしようかと

考えたのだけど行ってみるとやっぱりちゃんと道があり

ちょこちょこと竿を出していたら





念願のチビニジ(笑)

ニジマスいるとここの影あり。大物にたどり着くまえに

好奇心いっぱいの若者にルアーを手繰られるってやつです。

しかし、本流での初物なのでしっかり画像に納めました。

その場所、見た目浅かったのだけど釣れたものだから

その場所に拘っていたら根掛かりでラインを切ることになり、

PE使っているのだけどリーダーの予備を車に忘れていまい、

戻るのも億劫だけど直結びでは滑ってほどけてしまう。が、

やっぱり直結びで挑んでいたところ、ヒット直後にドラグが鳴る大物!?

ベイトフィネスタックルでずっと釣りしているので40サイズくらいでは

驚かないのだけど、この大物は何?一瞬顔を水面からもたげた瞬間、

手応えが軽くなってしまった。やっぱりほどけてしまったようだった。

こんな少しも寄せることのない大物は初めてでした。

この川には楽しみなモンスターが住んでいると思うとわくわくしますな!




その後、良サイズを追加して時間切れ。バラシもたくさんあって

期待以上に良い釣りが楽しめました(^ω^)


さて、来週は二度目の鮭釣りです。

浜益は雨で大変だったようですけど釣りできるのかな?  


Posted by cooly85 at 20:20Comments(0)趣味

2017年09月12日

浜益川サーモンフィッシング今季1回目




今年もこの季節になりました!浜益川鮭釣獲調査に参加です!!

天気は寒冷前線が通過中ということで、日が照れば暖かく

隠れれば寒く、晴れたり曇ったり雨降ったりと安定しない中

現地の近くに夜のうちに移動して、昨年より1時間早く釣り開始!!



全く釣れません(´・ω・`)



昨年初めてここに訪れたさい、目の前を泳ぐ鮭の群れに興奮し、

周りの方が釣り上げる姿を見てはよし俺も!という気分になったのに。

よくかかる外道のウグイもさっぱり反応なし。

あまりに辛い時間を過ごす中、周りの方々がひとりふたりと

この場所を後にしていきます。






いつの間にか貸切状態(笑)

俺にもやっとチャンスがやってきたか!

360度釣り放題だぜい!!

どの方向にもフルキャストでこれはこれで気持ちが良い!!

これで釣れれば最高なんだけど、女神は微笑みませんでした(´TωT`)


釣り場を歩き回るなんて最低の行為なんだけど、

あまりの魚のいなさで、つい根掛かりしたルアーの回収に行ってみたり。

去年溜り場となってたところも覗きに行ったけど姿みえず。

去年は時間一杯まで頑張ったけど流石に心が折れて

早々と14時に撤収。温泉入って帰りましたとさ。


次回に期待です。  


Posted by cooly85 at 14:39Comments(0)趣味

2017年08月20日

宇崎日新のエスパスMSというロッド




鮭釣り用にロッドを新調しました(笑)

去年使ってたやつは不用意に折ってしまい、なんとか直そう

してたのですが、これがなかなか上手くいきません。

ナマズ釣りで使ってたやつが使えそうだったので

それでやろうかって考えていたのですが、そんなときに

またしても安売り品に出会ってしまうわけです(笑)


ところでこのロッド、一見トラウト用のようですが

ネットで調べても何もわかりません。

メーカーのホームページに出てないところをみると旧モデルのよう。

8ftだし持ち手が長いので遠投用であろうことが想像できる。

しかもルアーウエイトも35グラムくらいまで対応できて

サケ用には最適ですが、他何に使うつもりで作られたロッドなんだろ?(笑)


さて、調子を見ようと思っていたのですが、ご存じ千歳川は

まもなく禁漁が始まります。禁漁区って実は短い区間なんですが

ようは鮭の遡上が始まる季節になると監視が厳しくて

ルアーフィッシングは絵的に怪しまれるわけです。

調度大きさが良いんだけどなぁ。そこで、





得意の新冠の止水へ。着いてみたらゴミでいっぱい(汗)


まあ、これが流木なら引っ掛かったりしそうですが

枯葉なので秋の釣りと思えばいいかなって始めたのですが、

リトリーブする度に枯れ葉がついてルアーがちっとも動きません。


これでは釣りにならんなぁ。場所変えるかなぁと悩んでいたとき、




夏のような青空!!・・・じゃなくて風が吹き初めて

すっかり湖面が綺麗になりました。

が、魚の反応はさっぱりで、一度チェイスがありましたが

足元まで来てUターン。食いが渋いです。

ルアーチェンジしたりしたのですが、ハイプレッシャーに弱い

大型のルアーしか持ってきてませんし、そもそもこの大味のタックルでは

軽量ルアーなんて投げられません。たぶん。

この水域でボウズくらったことはないのですが

今日ばかりは諦めムード。前回大漁だったブラウンはどこに?

ブラウンと言えばメーターサイズまで育つと有名?ですが

ここには大物はいないのでしょうかね?支笏湖じゃ釣れなさそうだし。





やはりお前は裏切らないな!


30センチ満たないくらいのアメマスさんが釣れました(゜∇^d)!!


このタックルだとこのサイズはゴリゴリ引き上げられちゃいます。

大物用ですなぁ、イトウとか(遠い目)



憧れますなぁ、イトウ。  


Posted by cooly85 at 21:13Comments(0)趣味

2017年08月16日

お盆ツーリング

山の日だかで中小企業の休みまで長期間になった今年、

例に漏れず五連休を頂いたので、ずっと思い続けていた


北海道の海岸沿いだいたい一周ツーリングに出ようと計画し

のんびり走りたいがカブでは時間ばっかりかかって達成できそうに

なかったので急遽KSRを整備して実行しようとした。

整備と同時に買い物には行けないのでコソコソと通販で

ツーリングバッグやランタン(電気のやつ)を買ったりし

整備してバイク屋までタイヤ交換に行って万全!の予定だったが、

整備が終わって走りだそうとしたらエンジンはかかるが

ギヤを入れるとエンストしてしまう。

今回社外のCDIを純正に戻したので安全装置が働いたのかと

思ったけど、原因はクラッチの固着だった。

長期不動車にはありがちな故障だと初めて知った。

ここで天を仰いだよ。夏は終わったと。


しかし、全て手を尽くした訳じゃない、ネットという神様に

知恵をお借りして無理矢理剥がすという強硬手段に出て

最初は駄目だったが、次の日にもう少し荒療治をためしたら見事復活!

なんとかスタートラインに立てたと喜びも束の間、

あまりに天気が悪く、出発が延びてとても推定2300キロを

走破出来る時間はありそうにない。今度は天を睨んだ。


あきめて釣りでも行こうと道具を準備していたら

何気なく目に入った、中古で買った4本継ぎのブラックバス用の

ロッドならバイクで持ち運べないか?出来ればまた遊びに自由度が

増えるな。と考えたらやってみたくなった。でも相変わらず

天気は悪いままだし、いつ泣き出してもおかしくない空だ。

もう考えていても仕方がないと、かなやま湖にイトウ釣りに(笑)





ムシムシと暑い中準備したのに雲が山にかかるような状況、

湿気を含んだ空気を走るには薄着しすぎだった。

盆が過ぎれば涼しくなるというのは北海道の定番だが

真っ只中なのにこんなに寒いのか?


かなやま湖キャンプ場に到着してテントを設営し終わったら

風呂に入ってギクシャクした身体を暖めて回復してやり

ロビーの自販機でキンキンに冷えたビールを購入する





保冷のグッズを持たないライダーには近隣の施設は冷蔵庫だ。

高いのは目をつぶるしかない。

そして飲みながら晩御飯の支度。せっかくなので自炊しようと

飯盒にサンマの蒲焼きの缶詰を混ぜて炊き込みご飯。

それと湯煎したウィンナーが今日の食卓だ。





昼間でもそれほど気温が上がらなかっただけに

夜冷え込むのも急スピードだ。とても外でのんびりとしてられないと

テント内に逃げ込むと姿勢が苦しいので横になると

眠くなるのは自然の摂理だ(笑)





朝起きると、寝る前には無かった大型のテントが五棟も

自分のテントの方向に向き、建っていた。

昨晩、騒がしくて起きて耳を立てると話し声じゃなく

ペグを打つ音が鳴り響いている。こんな時期だ話がうるさいのは

仕方ない、しかしこんな時間(だいたい0時)にテント建てるって

どんな常識外れよ?おかげで眠ったが中途半端で眠い。


かなやま湖はこんな状況、前回も似たような減水状態だったが

濁りは前より酷くない。果たして釣りは出来るのか?

というより、この釣りは来月から始まる鮭釣りの準備、

間違ってイトウ釣れればラッキーくらいにしか思ってなかった。

周りでは何人か釣りをしているようだったが、

自分よりゴツいリールにゴツいロッド、そして重いルアーを投げてる

奴はいない!大物イトウは俺のものだ!!(笑)

現実には両隣が何か釣り上げてた。魚もわからない初心者が( ノД`)…


ま、そんなことで一応釣りも出来たし目的を達成、

予報では午後から雨なのでこれにて撤収。





ずっと使っていたスポーツバッグが記憶も遠くなる前回に

穴が開いてしまったのでちゃんとしたツーリングバッグを新調した。

さすが専用品は考えられているようであまり荷物が動かなくて

走る分には楽だった。しかし、今回の積み荷は余計なものが

かなりあったので過去最重量だったのではないかと思う。

積み方は上手くいったが詰め込むのが失敗だったのが気残り。

次に課題を残すことに。次があるのかは謎。





帰り道やっと薄日が射したり夏らしくなった。

終わりよければ全て良しとはよく言ったもの。

またツーリングに行きたいと思った。

ああ、北海道一周がまだだったか。  


Posted by cooly85 at 20:27Comments(0)趣味

2017年08月15日

千歳川




来月から始まる浜益川の釣獲調査のためのタックルの

セッティングを見るため朝っぱらから千歳川に。

万が一釣れるかもしれないとフックはつけておいたが

藻がかかるばかりだった。


まぁ、納得のいく結果が出たし、墓参りなので撤収するかと

ルアーを回収した瞬間、見覚えのある三角の背鰭が水面から顔を出した。

橋から川を覗くと生い茂ったウィードに1本通り道のようなところに

サケが遡上する姿が見えた。

十勝広尾沖で秋サケの釣果あるのは知っていたが

まだ、こんなに遡上しているとは思っていなかった。


千歳川、あと5日ほどで禁漁になります。注意。  


Posted by cooly85 at 11:20Comments(0)趣味

2017年08月08日

KSR進捗【その4】

昨日外しておいたキャブを取り付ける前にタンクを裏返してみたら

気になる錆の進行が2ヵ所みられたので、

紙ヤスリで錆を落としてから、見えないことをいいことに

適当じゃない手持ちのタッチペンで塗装(笑)

タンクの取り付けは一応乾燥待ちで本日に持ち越し。


そして今日、いよいよエンジンに火を・・・!?

の、その前にオイル交換。





どんな状況で不動車に近い存在になったか覚えていないが

オイル入って無いね? ま、いつものことと言えばそうなんだけど(汗)





今の仕事ではズームさんまで行く時間がないので

手っ取り早く手に入るモチュール300Vをこれから使うことにする。

いつの間に、このオイルはクーラントみたいな色になったのだろう?

それにしても、抜いたオイル汚いね!? スラッジそのものだね?

フラッシング兼ねて安いオイル使った方がよかったかもね。


・・・そしてエンジン始動。

ほどなく回り始めた新しい刻。




だいたい復活を遂げたようです。  


Posted by cooly85 at 23:48Comments(2)趣味