さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2018年12月05日

1117の釣果報告




土曜日、仕事が終わってからそのまま胆振の港へ!
ガソリン代も馬鹿にならないので直行です。
仕事が早く終わったのでまだ明るい!!

さて、この日から狙っているのは
根魚と変わらないのですが、
ライトタックルでの釣りを始めました。
2グラム程度のジグヘッドをタダ巻き
するだけの簡単な釣り!!
とはいえ、3グラム以下のルアーを投げるには
それなりの準備がいります。そこは割愛。

それなりに準備しても、軽いルアーですので
ロングキャストしたつもりでも?って感じ。
明るいうちはキャスト練習と思って
やっていたのですが、





小さなソイが釣れました。
やはり小さな針にエサ(ワームだけど)なので
手の平サイズが簡単に釣れます。
しかし、渋い。
時間が刻々と進み周りが暗くなってきましたが、
たまに当たりはありますが乗りません。
当然、自分がヘタなのもあるでしょう。
一等地には先約が2人いたのですが、
お二方とも良形が釣れたと帰られたので
そこに入らせてもらい粘っていたら









25センチくらいのソイがポコポコ釣れました!
大物とは言えないけど貧弱な装備なので
十分楽しいです!!


このあと根掛かりでショックリーダーが
無くなってしまったことでストップフィッシング。
夜もそれほど深まることもなく、
無理の無い遊び方を見つけた感じです。  


Posted by cooly85 at 20:29Comments(0)趣味

2018年12月03日

1111釣果報告

カジカの時季だっていうので胆振と日高の
漁港を巡りました。と言っても2港だけですが(^_^;)
いつも、行けば釣れるもんだと思ってるんだけど
世の中そんなに甘くありません(´・ω・)
そもそも、おとついまで嵐で劇濁りの川が
大量の泥水を吐き出していて、当然海も汚い。
そんなですから魚の反応はありません。







粘って手のひらサイズでした。
漁港の釣りは多少海が荒れてても大丈夫って
気分になるけどそんなことないね。
考えなくては。  


Posted by cooly85 at 21:31Comments(0)趣味

2018年11月10日

噴火湾でロックフィッシュ




本当は鮭釣りに来たんだよ・・・
誰もが同じことを考えるわけで、
夜の8時に来たのに車停めるところが無くて
あえなく撤退!
ついでにやるつもりだった
根魚釣りにシフトチェンジ

漁港を転々としながらライトロック!








手持ちのワームでは大きすぎて
針がかりしない小物ばかりが遊んでくれました。
当たりが多くて生命感のある釣りは
次の1投では大物を!と期待を込めて
楽しめるので時間が経つのを
忘れてしまいますね。
あっという間に午前2時。
根掛かりでラインカットを
理由にストップフィッシング。
こんな時間にもかかわらず、
新たなアングラーが
やってくるのには驚きました。



その後は道の駅あぷたで車中泊!
朝、駐車場での露店?の準備が
始まったところで起こされてしまいましたが、
スノピのマイナス20度まで対応(のはず?)の
シュラフで快適に眠ることができました。




最近は用意しても使わないことが
多くなった自炊道具・・・と言っても
お湯沸かしただけだけど
カップ蕎麦を作って食べました。
最初は外でお湯を沸かしてる間に
昨夜?駄目にした仕掛けを直そうと
考えてたのだけど風が強くて
車内に引っ込めました。


その後は帰りがてら漁港に寄って、
最初に行った伊達漁港に着いたら
鮭釣りしてたのでここらで竿出すかな?と
考えてみたけど誰も釣れてないので
今後の研究に港内を見て回ってから退散。
ちょっと車を走らせたらまた漁港があったので
寄ってみたらここでも鮭釣り!?
しかもここでは釣れた跡(血抜きの跡)があります。
ボチボチ帰る人が出てるところだったので
ちょっと鮭釣りに参戦してみたけど
高い堤防の上で強い風に吹かれながら
4メーターからなるロッドを振り抜くのは
ちょっとした度胸試しのようで1時間でやめて
その後ここでソフトルアーでの釣りをちょっとやって
帰りが遅くなっても嫌だからこの地から
撤収することにしました。

あまり釣果は芳しくなかったけど
丸一日釣りをして凄くリフレッシュになりました。
最近はガソリンも高く、釣りも自重しなくては・・・
なんて考えることもあったけど、
やっぱりこれくらい熱中できる趣味がなくちゃ
人生面白くないなって思いましたよ。
ガソリン代を節約するより、
ガソリン代を捻出する方法をこれからは考えよう。
何か切り詰めるってことだけどね(^_^;)  


Posted by cooly85 at 21:32Comments(2)趣味

2018年10月28日

自転車で遠くに行きたい




そんなことも今は昔、遠くに行くには時間が必要とか、
それなりに準備としてのトレーニング時間が取れないとか、
何だかんだと理由付けて遠ざけた自転車。

しかしながら納戸の奥底に追いやられたわけでもなく、
いつでも走れるように整備されて、部屋に鎮座していたわけで
いつか復活の狼煙をと伺っていたものの状況が好転するわけもなく、
その機会は全くやってくることもなかったが、


所詮、自転車。ただの移動手段のひとつでしかない。
そう、いつだって乗れるのだ。近くならば。


近所を自転車で巡ろうとしたら、
廻るところも無いわけじゃなく
早起きだのなんだのしなくても、
昼御飯でも食べに行けばよいのだ。





手始めにちょっと遠かったが恵庭の漁川で
テンカラ竿を振りに行ってみた。
釣れればカッコもついたけど、
釣り方が悪いのか魚が居ないのか、
わからないけれど反応なし。
まぁ、自分らしい休日のエッセンスだなと
納得して家に帰ることにした。
午後からの自転車遊びも夜が早くて
気を付けないといけない季節になってしまったのを
実感させられる日でもありました。
冬になる前にもうちょっと夏の遊びを
したいんだけどなぁ。  


Posted by cooly85 at 09:10Comments(2)趣味

2018年10月14日

1008浜益川




今年の浜益川釣行は最初と最後はボウズでした・・・

ってブログにアップするのだろうなって

そんなことを思ったお昼過ぎ。





今日は漁だ!!

気合いれて朝の3時半から受付に並び、なんとか

一等地に入るも昨日が台風で中止になったことが好転に

繋がるかも?という期待も朝方周りで何本か上がったのみで

何時間も沈黙が続き、午前10時には竿抜けして

この人気の場所に5人のみになる事態。

何度か挫けそうになるも、餌が無くなるまではやろうと

続けて15時を迎えるころロッドが曲がった。





やはり河口近くには夢があります。

大海原から新しい魚がやってくる可能性があるのだから。  


Posted by cooly85 at 19:46Comments(2)趣味

2018年10月07日

0924浜益川

昨日、帰るときには明日は来なくてもいいかな。
なんて考えていたのだけれど、帰る途中には
俺まだ游漁料分回収してないべ、勿体ないと
考え方が変わるほどの貧乏性。いや、釣り人の性なのか?

で、結局また来てしまいました浜益川。

前日の帰り道に失った道具を取り戻す買い出しに
行く元気は無かったので同じタックルで同じポイントに
入りましたが、昨日と違いさっぱりサカナの気配がありません。
跳ねもモジリも見つけられなく、あ!背びれだ!!と思いきや





こんなのがたくさん浮いています。
上流で役目を終えたやつが流れてきてるのですね。
見えているのが尾ビレってのが何とも・・・

チャンスがないまま時間が過ぎていき、昨日の疲れも
残したままの身体が悲鳴を上げます。あ~腰痛い(笑)

いつも人気がいまいちのこのポイントは今日は何故か
一人ずっと居座っていたのだけど、ボクがウロウロするのが
目障りだったのか、それとも流石に飽きたのか、
上流に行ってしまってから下流のほうがザワつき始めました。
まだ遠くだけど跳ねてるのか一匹、それとともに小さなモジリが
少しずつ近づいてる。しかも幾つか別になって。
鮭の遡上って千歳川で見てると行ったり来たりでなかなか
進まないので、見えなくてもわりと長い時間目の前に居座ってる

と思ってるのだけど、その群れはわりと早く自分を過ぎて行った。
鮭にも斥候がいるんじゃないか?と思ったり(笑)
隊長がオイ、お前は目立つように横を抜けてけ。その間に本隊はこちらから抜ける!!みたいな作戦が
あったりして(笑) なんて馬鹿にされてるんじゃないか?
と思うシーンをしばらく続けていたのだけど、
あっという間に通り過ぎて行ったと思った群れは
なんと、またこの辺に集まり始めてるじゃないか!?
チャンス到来、昨日爆釣してた場所に移動して
キャストを繰り返す!!?





食いは渋かったけど、なんとか仕留めました。
ウチの冷蔵庫事情、余計なものが入りすぎて二尾までしか
受け入れられないのが判明したので数釣りの可能性もあったけど
やめました。そのときは人に譲るなんて考えもしなかった(汗)

さあ、この川もう終わった感が強いんだけど
次はどうかな?次回の釣行が今季ラストっす。  


Posted by cooly85 at 11:02Comments(0)趣味

2018年10月02日

0923浜益川




今年1回目の浜益川釣行で大失敗を喫したので
今回こそと万全の準備をして挑んだつもりでしたが
そこはトラブルメーカーゆえ、気合い入った分
やはり大きな失敗に見舞われるわけです。

今回は前日にさっと寝られるようにと何日も前から荷物を
車に積んでおいたのですが、その辺よく点検?
していなかったため、現地で仕掛けを用意しているとき
リールが糸を巻き取らないというトラブルが発生しました。
そう、PEラインがスプールをよく噛んでなくて空回り
していたのです。もしかしたら移動中に糸が弛んでしまったのかも。
そんなことでメインのウキルアーのシステムが使えなくなりました。
一応、スプールの糸を抜いて張り直すこともやってはみたのですが
結局それが絡まってしまい、お高いPEラインを一度も使わずして
廃棄することになってしまいました。

完全に意気消沈して、うなだれて受付をすましてポイントに
向かいます。受付開始前から現地入りしたのに
受付したころには並んでる人も居ないくらい早朝出発も意味無し。
エサ釣りしないので上流に向かい、釣り場のだいたい半分くらいの
ところに入りました。そう、元舟着場あたりです。

ポイントをウロウロしているうちに、案外まわりで
魚がモジっていることに気づきました。
俄然やる気が出てきましたが、ちっとも当たりは無し。
ルアーの色が合わないのかそれともタナが合わないのか?
目の前を通しても見向きせず、時間だけが過ぎていきます。
やはりルアー単体では駄目なのか?そういえばこのリールで
40グラムのルアーは投げられないけど、フカセなら出来るんじゃ?
せっかくのエサがムダになるくらいならそっちのほうが
釣れそうだしと考え出したら、そっちにシフトするのに
そう時間はかかりませんでした。

ウキフカセに仕掛けを替えて再びポイントへ戻り釣り再開!
・・・しかし当たりが無いのは変わりませんでした。
しかも、これだとモジってるところまで仕掛けが届きません。
そうこうしているうちに、コチラのウキに向かってルアー投げるボケと
マツってしまい、それが原因でラインが切れてしまいました。
これでウキが無くなってしまいコレも使えなくなってしまいました。

切り札は無くなってしまったけれど時間だけはある!
って思ったか、今となっては忘れてしまいましたが、
車とポイントの3往復目のルアー単体での釣り。
そもそも浜益川に通い出したのは川で鮭が狙えること、
そして、ゴリゴリのタックルではなく、鮭とギリギリのやり取りができる
ことのできる釣り場であるからで、本流用の7ftのルアーロッドで
たった7グラムのルアーをキャストする釣り方にだって
それなりの自信をもって挑んだはずだったのに忘れてました。

昼も過ぎて、上流からは粘っている人が少しずつ減っていく中、
確実に自分の前にはチャンスが近づいている!
鮭が目の前に群れてきているという事実に胸騒ぎを感じながらの
キャスト!




とうとうやりました!70センチの立派な雄です!!
川のまん中に立ち込んでの釣りだったので、
魚は自分の周りを走りに走るファイトの末のランディング!!
サーモンフィッシングゲームと言い替えれば最高のゲームでした。

この後も頑張りましたが、この粘り続けたポイントは
ちょっと空けているうちに取られてしまったので、
外れたところに構えたのですが、どう見ても群れはそのまま
ステイし続けていて、そこに入った人は次々と掛けてます。
バラしてますけれど。
それを見ながら続けていても、もうチャンスは無いかなと考え、
疲れすぎて帰っても大変なので夕方を迎える前に終了としました。  


Posted by cooly85 at 21:38Comments(0)趣味

2018年09月26日

0916厚田川河口海岸




サケ釣りで新しい釣り場を開拓したいな~と
遠くには行けないから厚田に行ってみようと考えた途端
道新の釣りコーナーに掲載されちゃって、
これは混むだろうなぁと思ったけど今月はサケ釣りしか
する気も起きないので、行ってみたらこの有り様。
夜明け前の5時前に着いたものの、河口の左側はびっしり
右側はわずかに残る感じの混みよう。
夜も関係なく釣れるという人がいるくらいだから
浮きに発光体をつけて早くもばっちゃんばっちゃん
重いルアーを投げ込んでます。
ボクはベイトリールを使う拘りから、暗い中投げると
格段とバックラッシュの確立が高いし、そもそもやはり
暗いうちは釣れないという人も多いので釣り場に立って
明るくなるのを待ちましたが、釣れもしないのにこんなに荒れてたら
釣れる気がしませんなぁ。
明るくなって釣り開始しましたが、周りを含めても当たりは無し。
エサ釣りなのでエサが無くなるまでは粘ろうとやっていたけど、
朝マヅメと言える8時を迎えるころに謎のバックラッシュで終了。
エサが無くなることもなく、わりと早くに退散することになりました。
帰り際に釣り場を周ってみたけど釣れた人は一人しか見つけられませんでした。
川にも遡上サケの姿も見えないし、日本海のサケ釣り終わったかなぁ?
と思わせる釣りでした。

浜益が心配になりますわ。まだ半分なのにねぇ。  


Posted by cooly85 at 20:18Comments(0)趣味

2018年09月17日

0909浜益川

有効利用調査、前日が地震のため中止になったので
今シーズンの実質一日目、5時スタートより
1時間ほどで規程の5匹を釣り上げ帰る人が続出する入れ食いの最高の釣行日、ボクはっていうとこんな日になるなんて
思ってなかったので昼から本気出すなんてスタイルだったため
見事初日ボウズを決めました。
言い訳をすると、地震の影響のためエサを買うことが出来ませんでした。
遡上を始めたサケは物を食べることはない、食いつくのは
目の前にあるものに思わず噛みついたためで、エサなんか
要らないとよく言われますし、実際ルアーやフライ単体で釣れます。
しかし、そんな正統派ルアーマンやフライマンも
浮きルアーのほうが釣れると思ってるに違いありません。
昔のブッコミ釣りは今みたいにフロートなんか着けず針にサンマでしたし
重要なのは臭いじゃないかと思ってます。
となるとエサの無い浮きルアー用のクソ重いルアーは
爆雷みたいな物のような気がして釣れる気がしません。
いや、しかし一度当たりもあってバラしたんですが(汗)

何も書くことないなって思ってたのに長くなっちゃった。
来週の釣行では思い残すこと、後悔ないように挑みたいと思います。  


Posted by cooly85 at 08:58Comments(0)趣味

2018年09月08日

ある日の長都大橋




長都大橋の上から千歳川を覗くと、沢山のサケが遡上しています。

画像ではわかりませんね。


そんな中、サケと同じ体格の茶色い魚体が群れに混ざって泳いでます。
鯉は黒っぽく見えますし、野鯉は丸太みたいに太いですもんね。


ハイ、夢が広がりますなぁ。  


Posted by cooly85 at 00:03Comments(0)趣味